読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりの花言葉〜平野紫耀応援ブログ〜

ひまわりの花言葉は「あなただけを見つめる」

少クラ 2016/04/27


あなたにお手紙書きましょう
紫耀くんと海ちゃん!

あーーうれしい。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。

f:id:mallow0129:20160427222315p:image

紫耀くん→海ちゃん
海人へ。正直、このお手紙のコーナーには出たくはありませんでした!なぜかと言うと、いつも海人に頼ってる所や甘えてる所がバレてしまうからです。でも、最初から頼って甘えてたわけではなくて、最初会ったときは、海人がめちゃめちゃ高い声で、「おはようございます」えーどこの妖怪かと思いました(笑)。でも、その妖怪さんにも少しずつ慣れて、気づいたら同じグループになって、色んなお仕事をして色んなことを乗り越えてきて、気づけば海人が現場にいないとちょっとだけムードが暗い気がします。今では弟のような存在で、色んなことを話すね。海人はこれからも弟な海人で、まわりの人をどんどん癒してあげてください。最後に、弟だからといって、俺を財布にするのはやめてください。これからもよろしくね。おやすみ。紫耀より。ありがとうございます。

海ちゃん→紫耀くん
拝啓。平野 紫耀さま。いつもごはんやタクシー乗った時など、色々な時に年下だからといって気を遣ってくれてありがとうございます。いつも年下の特権を使ってごめんなさい!でも、そんな紫耀くんにいつも僕はジェラシーを抱いています。ジェラシーって、嫉妬のことね。紫耀はみんなと仲良くて、何でもできて、僕が勝っているのは身長しかないです。とにかく、羨ましいことばかりです。でも、そんな紫耀が近くにいるからこそ、俺も「ぜったい負けないぞ、負けないぞ」っていつも実力をあげようと思うことができます。そんな仲間がいることは幸せです。今は年下だからって甘えてるけど、いつか年下だと思わせないくらい、かっこよくなります。そして、Mr.KINGの2枚目役は僕が背負います。なので、これからもお見守りください。海人より!

白状します、海ちゃんのお手紙に泣きました(爆)

しょうれんも大好きだけどね、この1番っ子と末っ子の組み合わせもほんとに好きなの。

男の3人兄弟って、特に上と下の関係が良いらしいんだけど、しょうかいも自ら言うくらい、もう本当の兄弟だね。

海ちゃんの、つい守ってあげたくなる圧倒的かわいさ。こりゃ、財布も緩むね。

紫耀くんの、いざとなったら頼れる兄貴分なところ。なのに弟に甘えてますって言えちゃうところ。

しょうれんとの関係ともまた違うんだよね。れんかいとも違うしね。

この2人の間にある絆って、何にも変えがたい。

海ちゃんも言うように、紫耀くんは何でもできちゃう。誰がみてもわかるように紫耀くんは天才肌。海ちゃんだってダンス上手いよ...って、多分そういうことではないんだろうなあって海ちゃんの言葉から読み取れた。海ちゃんは「平野紫耀」が「平野紫耀」である以上、適わないなあとか、紫耀すごいなあとか、ずっと紫耀くんを追いかけていくんだと思う。ダンススキルや歌、人脈...そういうことではないんだよね。きっと、「平野紫耀」という存在それ自体が海ちゃんの言うジェラシーなんだと思う。だけど、海ちゃんにとってはとても良い存在。自分の向かうべき姿、お手本、アニキ。甘えまくってる海ちゃんが紫耀くんに対してそんな風に思っていたのかと考えたら、ちょっとうるっときてしまった。ドリボから、何となく借り集められた3人。でも、偶然ではないと、組むべくして組まれた3人であると、私は思ってるよ。海ちゃんはふわふわした性格ながら、かっこよくなるぞ!ってひたすら前を向いてる。ま、ファンからしたらそんな海ちゃんはかっこいいではなく可愛い、なんですけどね(笑)必死にしょうれんの後をとことこ付いていってる。だけど逆にね、海ちゃんがいるからMr.KINGはMr.KINGとしてグループが成り立っていると思うんだ。海ちゃんを守っていかなくちゃっていう気持ちがしょうれんの関係を強くしてくれて、3人のバランスが調和するの。しょうれんが雑誌の撮影で顔を近づけるリクエストを渋っていたら「お仕事はがんばりましょー」って2人の背中をぽんと押し出してくれたり(この話すんごく好き)、それによって2人はやるかーっていう気持ちになったはずだから。場を和ますだけじゃなくて、うまい具合に取り持ってくれる。海ちゃんはもうMr.KINGになくてはならない存在なんだよ。何歳になったって、年齢差は変わらない。羨ましく思っても、海ちゃんは海ちゃんらしくでいいんだよ。ありのままの海ちゃんがみんな大好きなんだから。

そして紫耀くん。照れ隠しで、海人に甘えてます頼ってますって。いつも素直なのにおかしいなー。笑

誰よりも海ちゃんを本当の弟のように可愛がってくれている紫耀くん。実際もお兄ちゃんの立場だから、相変わらず面倒見もいいね。関西では紫耀くんのような人はボケで、誰かの鋭いツッコミで笑いがおきるんだけど、海ちゃんといる時は、そういうお約束を忘れて変な意味じゃなく素の紫耀くんでいられるね。きっと紫耀くんにはそれが居心地いいんだろうなって思うよ。歳的にもMr.KINGを引っ張らなくてはならない立場で、考えることも2人より多い。はず。それなのに紫耀くんは照れ隠しをするんだね。僕、頑張ってますなんてバカみたいなアピールは絶対にしないしそういう感じも一切見せない。海人に甘えてます頼ってますなんてそれこそリップサービスだよ。紫耀くんにとって海ちゃんは何をしても許せる弟だから。甘えてる所なんてお手紙読んでもわからないのに。頼ってる部分も、これだけ長い間みてきて感じたことないよ。3人は3人それぞれがチカラを持っているから。紫耀くんの蔭の努力を常に近くで見ているから海ちゃんもれんれんも紫耀くんを慕うし、やっぱり紫耀ってすごいな〜ってなるんだよ。なんか何言ってるかよくわかんないけど、Mr.KINGの大黒柱として紫耀くんもなくてはならない存在だってこと!紫耀くんはそういう所に鈍感だから何とも言えないけど、紫耀くんがいるから弟2人は上を目指そうと思えるんだし、Mr.KINGグループとしても成長できるんだと思う。だけど、そういうちょっと抜けている所がまた紫耀くんを支えようって思える原動力になるんだもんね。Mr.KINGって奥が深い...笑

とにかく色んなことを考えさせられるお手紙でした。海ちゃんのお手紙にはほんとに泣かされたあああああ( ;  ; )

さらに良いグループを築いていってね。