ひまわりの花言葉〜平野紫耀応援ブログ〜

ひまわりの花言葉は「あなただけを見つめる」

なれる

 

初めてのホール、

初めての接客業、

初めてのご注文、

 

何もかもが初めてで埋もれてる、、、

 

「慣れるしかないから」と、口々に言われ、

 

「わかってるよ!!!!」と、ここまで出たけど、抑えた

 

慣れれば簡単なんてどんなことでも大抵言えるよ!!!

 

まだ慣れるとか慣れないとかの段階でもなく、

ただ教わっただけの真っ白のページなの。

 

その段階でいくつも注文つけないで、怒らないで、

 

私に何も求めないで、、、

 

辞めたくなるすぐにでも、

 

何も出来てない自分に嫌気がさすし、使いものにならないみたいな軽蔑した目で見られることがだいぶストレス。

 

落ち込んでる時期に慣れてないバイトなんて入れるんじゃなかった、

 

ただただ後悔してる、、もうやだな、バイト行きたくないな、

 

 

やめようかな?

 

 

 

 

 

と思っていたけど、母との電話で、一変。

 

母も初めて飲食店でパートさんとして働いた時に同じようなことでたくさん怒られて泣いたそう、、、

年齢も年齢だったから、年下の店長に怒られるのは、恥じらいとあれとで何だかよく分からないくらい屈辱的だったって。

お母さんもそんな気持ちになりながら働いてたんだ...と思ったよね。

それでもがんばって続けてくれた。

そんな母からの「慣れることだよ」はズシッと重みを感じたわけです、

 

落ち込んでなんかいられないね、がんばるしかない、

お金をいただくわけだから、ちゃんとやれることをやらなくちゃだね。

 

今が踏ん張りどころと思って、もう少しがんばってみる。。

 

これを乗り越えたら、成長できそうだなって思うから。

 

試練かな。