ひまわりの花言葉〜平野紫耀応援ブログ〜

ひまわりの花言葉は「あなただけを見つめる」

な・か・な・お・り

 

ちょっとこの前まで危険な感じだったんですけど、

さっき彼と仲直りしてきた。笑

 

一旦距離を置くって、とても大事なことだなぁと。

 

3日会わなかっただけなのに、彼が「すごく久しぶりな気がする」とか言い出したんですね…笑

ただ、その前が会いすぎだっただけなんですけど。

それほど、常に一緒にいたんだなあと。

ずっと一緒にいれるのは嬉しいことではあるけど、やっぱり「常に」は疲れる時もある。

 

もともと、お互い忙しく毎日過ごしていて、週に一度会えたら良い方、二度と会えたらいいな!くらいのスタンスで毎週会っていたので、

彼が10月末に引退して、最近少し時間に余裕を持てるようになって、

土日も毎週朝早くから家を出ていたあの頃とは打って変わって、今はお昼頃までぐだ〜っとしていても大丈夫な生活に変わり、

私は土日にもっとお出かけしたい!派だったために、それをずーっと我慢していて、ようやく今、その普通の生活を一緒に過ごせて、前よりもずっと長く一緒にいれて、しあわせだなぁと感じていました。

 

でもやっぱり、大好きな人でも、距離感ってすごく大事なんだなぁって。

 

この前、ミキティ&庄司さん夫婦と恵理子さん&陣内さん夫婦が「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2018」を受賞していて、その夫婦のコメントを記事で見て。

 

けんかまっただ中だった私には、とても為になるお話だったんです。

 

恵理子さん

信頼関係があるから、細かいことは詮索しない

 

陣内さん

過剰に愛し合っている人ほど、見返りを欲しがるから離婚する。無償の愛をほどほどに

 

ってコメントしてて。

 

干渉しなさすぎも、愛しすぎも、良くないんだなぁと。

すべて、ほどほどにねって。

 

ピッタリってわけではないけど、すごく胸に刺さる言葉だったな〜

 

相手を大事に思うが故に、異常に心配しすぎてしまったり、勝手に落ち込んだり、、

もっと重くならずに、初めの頃の気持ちで向き合えたらなぁと思い直したのでした。

 

信頼してるから。わかっているから。

 

そんなわけで、やっと仲直りができたんですけど、

そんな彼は明日から試験…

今年はこれが最後のチャンスだから、頑張ってほしいのですが、

これに受かってしまえば、来年から離れて暮らすことが決定してしまう…

そんな、彼の人生も私の人生をも左右する大事な試験なんです。

応援したいけど、してるけど、でも受かったらなぁ…という、複雑な思いも抱えて試験が無事に終わることを待っています。

 

頑張っていたから、もちろん受かってほしいんだけどね…

 

帰ってきて、またけんかけんかの毎日にならないように、心しておきます。

 

久しぶりに彼の笑顔が見れて、心がおどってた。

わたしがプンプンしているときは、彼も不安そうな困った顔をするから、そういえばけんか中はずっと笑顔を見ていなかったんだよなぁ…としみじみ。

 

ひとまず安心したのと、あのモチベーションのまま試験に行かなくてよかった!