ひまわりの花言葉〜平野紫耀応援ブログ〜

ひまわりの花言葉は「あなただけを見つめる」

大谷翔平選手から学ぶこと

 

久しぶりに日曜の夜を有意義に過ごしました。

テレビをつけたら、アメトークがやっていたのでそのまま見ることにしました。

 

大谷翔平スゴイぞ芸人」でした。

 

よく観戦にはいくけど、野球のことはあまりよくわからない私ですが、

とにかく大谷選手はすごい、ということはわかります。

 

なかでも気になったのが、人生の目標設定シート。

なんでも、花巻東高校の野球部さんが必ず行っていることなのだそうですが、

何歳:〜というように、具体的かつ簡潔に、当時17歳の時に目標を決めていたんだそうです。

18歳の欄には「入団」と書かれてありました。実際、日本ハムに入団されましたよね。

有言実行

これはやりたくてもできないとても難しいことだと思うんです。

 

その目標シートの周りには

人生が夢をつくるんじゃない、夢が人生をつくるんだ!

と書かれてありました。とても説得力のある言葉だなぁと。

 

俺がやらなきゃ誰がやる!

自分を奮い立たせるのはいつだって自分なんだってことですよね。

目標を立てるのは自分であり、夢を叶えるのも自分。

すべては自分が決めたこと。成功している人の言葉ほど重みのある言葉ってない。

 

166kmをマークした時のこと。野球界も激震、ファンも驚愕という中で、大谷選手はこう言ったんだそうです。

「フォームもぐちゃぐちゃで全然整っていなかった。166km出せたのはすべて観客の声援のおかげ。自分のコンディションが整っていれば、166km以上は出せた」と。

中3日であったのにも関わらず、166kmを記録して、それもファンの声援のおかげだとコメントする...

ちょっと出木杉くんですよね(笑)

 

前に聞いたことがあります。

アスリートは、たとえ家族の為・自分の為に試合をしたとしても、「応援してくれたサポーターのおかげで勝てた、試合ができた」と言わなければいけない、と。

けど、そんな取り繕ったようなコメントではなく、大谷選手は心から思ってそうコメントしているように感じます。

だからもっと応援したくなるんだろうなぁ。

 

私もなにか新しいことを始めようかなぁと思いました。